世界の打楽器を皆様に。打楽器の世界を皆様に。



新しい、画期的なドラム練習台発売のご案内です。独自の消音システムを採り入れた太鼓型練習台は、消音材を入れ替えられる可変式。交換作業も至って簡単。本格的に打楽器の練習に取組みたい方におすすめの、高いクオリティです。
【主な特長】
● 実際のドラムのようなリアルなリバウンド感。ドラムキーでチューニングも可能です。
● テクニックのチェックに適した音質と音量。長時間のエクササイズで、耳も疲れません。
● 実際のスネアドラムを想定した14″サイズ。

画期的練習台、KK-PDR14ST


【スタンド付セット】

  • 品番:KK-PDR14ST
  • 価格:24,150円(本体価格23,000円)
  • サイズ:ドラム直径:14インチ
  • 付属品:マレット用消音材、スタンド、ドラムキー
  • JAN:4560259046540

パッド部+台座のセットKK-PDR14DS


【パッド+台座セット】

  • 品番:KK-PDR14DS
  • 価格:16,800円(本体価格16,000円)
  • サイズ:ドラム直径:14インチ
  • 付属品:マレット用消音材、ドラムキー
  • JAN:4560259046557

静かなだけの静音パッドではありません

ドラム練習台KK-PDR14は、単に「静かに」練習するためのパッドではありません。打楽器の技術の基本を習得するのに必要な「練習台」は、音を出せない環境で練習するための「楽器の代用品」との誤解があります。 確かにスネアドラムなどは、音量が問題になることも多く、そのための静音パッドも状況によって必要になります。例えば楽器の音を問題なく出せる環境があったとしても、練習台を必要とする練習があります。実際の楽器で基礎練習をすると、不均一なバチの動きが、楽器の響きでかくされてしまい、メカニカルなテクニックのチェックがしにくくなります。また、楽器の大音量だと耳がつかれて、長時間の練習には支障があります。練習のための「最適な音量」を鳴らしてくれるのがこのKK-PDR14です。

新しい静音構造

KK-PDR14は、ドラムシェルには固定具を着けていません。ヘッド面で支え、ヘッド直下の消音材が振動の大部分 を受けることで振動を逃がしています。また、従来のドラムヘッドを使ったタイプの練習台は、消音材の圧力で打 面がふくらんで盛りあがり、平らではありませんでしたが、KK-PDR14のヘッド面は全くフラット。通常のドラムと同程度のテンションで静音の効果を可能にし、ドラムの自然なリバウンドとフラットな打面をも同時に実現しています。

独自の静音構造。

マレットを使った練習にも対応

スティック用練習台は、ティンパニ・マレットなどで使うと硬すぎるために、不快な振動が手にかえってきます。そのために、マレットを使った練習ができる練習台は、今までほとんどありませんでした。KK-PDR14は、消音材を入れ替えることで、マレットでも自然な感触を得られます。

消音材を入れ替えれば、ティンパニマレットでも快適に使えるようになります。入替えも簡単。

お持ちのスネアドラム・スタンドを利用できます

(KK-PDR14DSのみ)
KK-PDR14DSは、お手持ちのスネアドラム・スタンドに乗せてお使いいただけます。また、台
座の下のゴム脚で、机の上などに置いて使うこともできます。

KK-PDR14DSは、通常のスネアドラム・スタンドに装着可能。テーブルに置いても使えます。

コメントする