トップ

>

吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲5

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

きみは林檎の樹を植える

ワンポイント・レッスン by 冨田篤

※動画の視聴には、ヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

パート

レッスン・ポイント

小節番号

全員

冒頭の音色作り

[1]

thum401

曲の始まりを告げる金属打楽器の音色は、グロッケンから銅鑼まで「幅広く煌びやか」な倍音を生み出すための楽器・マレットを選びましょう。

チューブラー・ベル:ベルジュロ/BR-C20

使用マレット:メイク・バルター/MB-CM2

タムタム/KWG-36

使用マレット:マイク・バルター/MB-GM2

グロッケンシュピール:フォールクリーク/FC-K100G

使用マレット:マイク・バルター/MB-GL3/ウェイト入りレクサン

ヴィブラフォン・マレット:マイク・バルター/MB-21R/ハード

パート

レッスン・ポイント

小節番号

全員

【B】の音色作り

[17]〜

thum402

遠鳴りする教会の鐘のような音を作る。マレットや楽器の組合せを工夫し、互いの金属倍音を混ぜ合わせてゆきましょう。

①重く暗い音色

チューブラー・ベル:ベルジュロ/BR-C20

 使用マレット:マイク・バルター/MB-CM2

トライアングル:グローバー/GV-TRBPH8

 使用ビーター:マイク・バルター/MB-TB

アンティーク・シンバル・マレット:マイク・バルター/MB-92R

ヴィブラフォン・マレット:マイク・バルター/MB-48R/ミディアム

②明るい音色

チューブラー・ベル:ベルジュロ/BR-C20

 使用マレット:マイク・バルター/MB-CM1

トライアングル:グローバー/GV-TR6

 使用ビーター:JPC/JC-TB5

アンティーク・シンバル・マレット:アンコール・マレット/EM-207R

ヴィブラフォン・マレット:マイク・バルター/MB-21R/ハード

 

パート

レッスン・ポイント

小節番号

perc.4

タンバリンの奏法

[32]

thum503

タンバリンのロール奏法、およびffの頂点を作る奏法を見てみましょう。2種類の楽器で音色の違いもお聴きください。

タンバリン:
グローバー/GV-T2GSPH

グローバー/GV-T2HTSPH-B(バンタム・ウェイト)

パート

レッスン・ポイント

小節番号

perc.4

マラカスの奏法

[29]〜[31]

thum509

マラカスのシェイク、2種類の奏法を比較してみましょう。

マラカス:
ソナー/SN-MMBR

 

パート

レッスン・ポイント

小節番号

perc.1

ヴィブラフォンのアルペジオ

[39]

thum504

クラリネットやサックスに響きを与えるようなマレットを選択し、ダイナミクスと共に響きの重量を変化させましょう。

ヴィブラフォン・マレット:マイク・バルター/MB-48R

パート

レッスン・ポイント

小節番号

perc.1

ヴィブラフォンのアルコ奏法

 

thum506

弦楽器の弓で音板を鳴らす「アルコ奏法」は、弓の当たる角度や強さを工夫します。

 

パート

レッスン・ポイント

小節番号

perc.1

マレットの選択/Vibraphone

[21]〜[23]

thum507

作曲者の意図がト書きに表現されていますが、それをいかに忠実に表現するか。打楽器奏者としてはひと工夫したい所です。ヴィブラフォンは「水の反射光」を表現するため、硬質かつ響きの得やすいマレットを選択しましょう。

ヴィブラフォン・マレット:
マイク・バルター/MB-21R

アンコール・マレット/EM-FE500R

パート

レッスン・ポイント

小節番号

perc.2

マレットの選択/Tubular Bells

[21]〜[23]

thum507-2

作曲者の意図がト書きに表現されていますが、それをいかに忠実に表現するか。打楽器奏者としてはひと工夫したい所です。ヴィブラフォンの「水の反射光」の影となり、ロールがバタバタしないように注意しましょう。そして光の陰影をVib.と共に形成して行きましょう。

コンサートチャイム:ベルジュロ/BR-C20

使用マレット:マイク・バルター/MB-CM2

 

パート

レッスン・ポイント

小節番号

perc.1,2,3

風鈴

[43]〜

thum505

風鈴の種類、組合せによって、立ち上る情景が変ります。イメージに合った音を求めましょう。

①南部風鈴のみ(南部鉄器)

②江戸風鈴のみ(ガラス)

③南部風鈴と江戸風鈴の組合せ