トップ

>

吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲1

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

マーチ・スカイブルー・ドリーム

レッスン内容執筆・コマキ通商スペシャルチーム:冨田篤/小川裕雅/山口大輔/大場章裕

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

冒頭のシロフォンと小太鼓

page top

シロフォンは高音木管と一緒に動きますが、スネアやファンファーレ隊ともシンクロしてゆきます。フレーズはもちろん、そのニュアンスも揃えてゆきましょう。

小太鼓は最初の16分音符をはっきりと見せ、裏からリズムが始まるような感覚でリズムをつかみたいところです。スピードの速い空振りをする感覚でスタートしてみましょう。付点8分音符と16分音符のリズム、付点音符の長さを短くしないように注意が必要です。

 
thum102

パート:

シロフォン, 小太鼓

小節番号:

[1]〜[4]

映像中使用楽器

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイクバルター/MB-8AR

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

冒頭のシンバルと大太鼓

page top

シンバルの華やかな音色がファンファーレを呼び込みます。管楽器が奏でるハーモニーを感じながら演奏してください。

マーチでの大太鼓は、シンバルと一心同体の関係。シンバルの響きが華やかに轟くための屋台骨を支える重要な存在です。シンバルの細かなニュアンスを感じながら演奏しましょう。

 
thum102

パート:

合せシンバル, 大太鼓

小節番号:

[1]〜[4]

映像中使用楽器

合せシンバル:小出シンバル/11S-in18CCML

大太鼓:レフィーマ/LF-BD36S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY03

【C】の小太鼓&大太鼓&シンバル

page top

シンバルと大太鼓は四分音符のいわゆる「刻み」と二分音符の「キメ」の違いを明確にしましょう。

 
thum103

パート:

合せシンバル, 大太鼓

小節番号:

[21]〜[24]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

合せシンバル:小出シンバル/11S-in18CCML

大太鼓:レフィーマ/LF-BD36S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY03

【C】の小太鼓のショートロール

page top

[21]〜[24]に出てくる「ショートロール」の攻略方法。この場合、ロール部分は小太鼓の基本奏法のひとつ「5つ打ち」で打つ数を決めてしまい、テンポの中にきっちり納める練習をしましょう。

 
thum102

パート:

Percussion 1/小太鼓

小節番号:

[21]〜[24]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

【C】の小太鼓のrim

page top

スティックの材質やリムの種類による音色の違いを比べてみましょう。

 
thum108

パート:

Percussion 1/小太鼓

小節番号:

[25]〜[26]

映像中使用楽器

スティックの比較:

①メイプル材:ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

②ヒッコリー材:ベーター/JAZZ RIDE

③合成材:K.M.K/KK-CSBH2

④ジャトバ材:K.M.K/KK-CSJ

リムの比較:

①厚めのダイキャスト・フープ:ソナー/SQ-1406SD-EHI

②標準的ダイキャスト・フープ:マジェスティック/MJ-MPS1450AL

③2.3mmプレス・フープ:ソナー/PL12-1405SDW

[35]〜[38] trioのシンバル

page top

trioの冒頭、シンバルにアクセントがありますが、強すぎると他のパートの動きが見えづらくなります。ここはホルンの音色を意識し、しなやかに演奏したいところです。

 
thum104

パート:

Percussion 3/合せシンバル

小節番号:

[35]〜[38]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

合せシンバル:小出シンバル/11S-in18CCML

大太鼓:レフィーマ/LF-BD36S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY03

【E】のグロッケンシュピール

page top

メロディの繋ぎ目で出てくるこのフレーズは、次のメロディへとつなぐ架け橋となります。高音木管の音色をよく聴きながらマレットの選択やミュートなど工夫し、おしゃれに可愛らしく演奏するように心がけましょう。

 
thum107

パート:

Percussion 4/グロッケンシュピール

小節番号:

[41]〜[46]

映像中使用楽器

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-GP3

【G】のアンサンブル

page top

調を変えて再び登場する冒頭のテーマ。華やかなファンファーレに彩りを加えましょう。

小太鼓はロングロールの終わり、タイでつながれた8分音符の処理の仕方を研究しましょう。

 
thum105

パート:

全パート

小節番号:

[72]〜[79]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

合せシンバル:小出シンバル/11S-in18CCML

大太鼓:レフィーマ/LF-BD36S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY03

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-GP3

【H】[95]〜[96]のシンバル

page top

[96]のシンバルはアクセントがありますが、直後のトランペットソロに繋がるようなサウンドが求められます。直前の八分休符を意識しながら冷静に、決して勢いだけで演奏しないよう注意しましょう。

小太鼓は木管楽器のアーティキュレーションを参考に、リズムをグルーピングしましょう。

 
thum106

パート:

Percussion 3/合せシンバル

小節番号:

[95]〜[96]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

合せシンバル:小出シンバル/11S-in18CCML

大太鼓:レフィーマ/LF-BD36S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY03

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<マレット>マイク・バルター/MB-8AR

小太鼓のチューニング

page top

明るく軽快な行進曲です。歯切れ良く明るい音色で演奏できるよう、楽器の状態・音色を、しっかりと整えましょう。

 
thum110

パート:

Percussion 1/小太鼓

小節番号:

───

映像中使用楽器

小太鼓:ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPIANISSIMO

マーチでの打楽器のコンビネーション比較

page top

映像中使用楽器

①重め-1

②重め-2

③軽め-1

④軽め-2

小太鼓

ソナー/
SQ-1406SD-EHI

ビーチ材の14"×6"にコイルの響き線。

マジェスティック/
MJ-MPS1465WA

薄めのウォールナット材胴に、ストレートケーブルの響き線。

マジェスティック/
MJ-MPS1450MB

厚めのメイプル材胴に、ストレートケーブルの響き線。

マジェスティック/
MJ-MPS1450AL

アルミキャスト胴14"×5"にストレートケーブルの響き線。

合せシンバル

小出シンバル/
11S-in18CCMH

厚く圧倒的音圧。倍音多く、華やかな鳴り。B20ブロンズのスタンダードなサウンドです。

小出シンバル/
808-in18CCMH

厚く圧倒的音圧。まとまった鳴りでシンプルに華やか。

小出シンバル/
808-S18CCM

小出シンバルオリジナルのB23センシティブ合金のベストセラー。爽やか、かつこの上ない鳴らしやすさ。

小出シンバル/
808-S17CCML

センシティブ合金の17インチ。1インチだけ小さいだけで驚きの扱いやすさ。

大太鼓

レフィーマ/LF-BD36S

大編成にもしっかりと鳴らす十分な低音と響きの深さ。

レフィーマ/LF-BD132S

小振りながら本皮ならではの余裕の低音。コンパクトさがマーチの軽快さに最適。

マレット:
K.M.K/KK-BMDY03

マレット:
K.M.K/KK-BMDY03

マレット:
K.M.K/KK-BMDY03

マレット:
K.M.K/KK-BMDY02

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

マレット:K.M.K/KK-TMK23

マレット:K.M.K/KK-TMK22

グロッケンシュピール・マレット比較

page top

 
thum111

パート:

Percussion 4/グロッケンシュピール

小節番号:

───

映像中使用楽器

<マレット>
①マイク・バルター/MB-GP2

②マイク・バルター/MB-G5

③マイク・バルター/MB-G6

<使用楽器>
グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G