トップ

>

吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲2

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

スペインの市場で

レッスン内容執筆・コマキ通商スペシャルチーム:冨田篤/小川裕雅/山口大輔/大場章裕

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

冒頭[1]〜[5]:タンブリンとグロッケンシュピール

page top

タンバリンは、クラリネットのトリルに華を添えるような音色が求められます。しなやかでリラックスしたロール奏法はもちろん、楽器(ジングル)の選択も重要です。

グロッケンはオープニングにふさわしい、明るく瑞々しい音色を心がけましょう。

 
thum102

パート:

Percussion 1:タンブリン, Percusion 3:グロッケンシュピール

小節番号:

[1]〜[5]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK23

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

合せシンバル:小出シンバル/インテンソ・シリーズ:808-in18CCML

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<グロッケン・マレット>マイクバルター/MB-GP3

冒頭[9]〜[10]:ティンパニのfp

page top

ティンパニのfp(フォルテピアノ)は、単音を叩いた後に響きの中からロールを開始し、C音をきちんとマフリングしてクレッシェンドの頂点を見せましょう。

 
thum102

パート:

Timpani

小節番号:

[9]〜[10]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK23

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

冒頭[10]〜[14]:カスタネットとシロフォン

page top

カスタネットとシロフォンは、決してリズムを縦割りにせず、流れるようなリズムでフレーズを奏でましょう。

 
thum102

パート:

Percussion 2:カスタネット, Percusion 3:シロフォン

小節番号:

[10]〜[14]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK23

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

カスタネット:グローバー/GV-GWC3G

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイクバルター/MB-108R

【B】の頭〜[26], [98]〜[100]:カスタネットとタンブリンの
掛け合いの場面

page top

タンブリンとカスタネットの掛け合いの場面。6/8拍子のグルーヴ感を両者のフレーズで作り上げて行きます。

 
thum204

パート:

Percussion 1:タンブリン, Percussion 2:カスタネット

小節番号:

【B】の頭〜[26], [98]〜[100]

映像中使用楽器

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

カスタネット:グローバー/GV-GWC3G

【L】[143]〜[147]の大太鼓の短音アクセント

page top

[143]の短音アクセントは、浅くならず深く鋭く、さらにマフリングをかけて音価が長くなり過ぎないようにしましょう。

 
thum203

パート:

Percussion 2/大太鼓

小節番号:

【L】[143]〜[147]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK23

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

合せシンバル:小出シンバル/インテンソ・シリーズ:808-in18CCML

大太鼓:レフィーマ/LF-BD36S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY04

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<グロッケン・マレット>マイクバルター/MB-GP3

タンブリンの技術:ロール→アクセントの様々なパターン

page top

①[1]〜[5]:mfのロングロール〜sfのアクセント

②[9]〜[10]:fpの1小節のロール〜sfのアクセント

③[33]〜[34]:fの1小節のロール〜sfのアクセント

④[35]〜[36]:1小節のロール〜ディミヌエンドしてmfで止める

 
thum208-1

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

[1]〜[5], [9]〜[10], [33]〜[34], [35]〜[36]

映像中使用楽器

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

タンブリンの技術:ハバネラのリズムとテヌートの表現

page top

タンブリンの楽譜には明記がありませんが、同じリズムの管楽器の歌い方にニュアンスを合わせることが重要です。

管楽器のテヌートをタンブリンで表現するには楽器の角度を調節して、残響の長さをコントロールしましょう。立てるほど長く、寝かせるほど短くなります。

 
thum208-2

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

────

映像中使用楽器

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

タンブリンの技術:【G】の弱奏のタンブリン

page top

タンブリンの弱奏のロールは、タンブリンのヘッドの状態と、ロールする指先のコンディションが重要です。指先が乾きやすい場合は、手元に湿った布などを用意し、適宜湿度を保つようにします。ヘッド表面は、ザラついている方が良い場合と、ツルッとしている方が良い場合があります。自分に合ったコンディションを探しましょう。ロールをしやすくするワックスの使用も有効です。

 
thum208-3

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

【G】

映像中使用楽器

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

タンブリンの技術:【L】ffのタンブリン

page top

【L】1小節前からのffは皮とジングルの両方がしっかり鳴らせることが大切です。 振り方や角度、叩く位置など、ベストな奏法を探してゆきましょう。

 
thum208-4

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

[138]〜[143]

映像中使用楽器

タンブリン:グローバー/GV-T1GS

ウインドチャイムの奏法

page top

slowlyと指示されていますがあまりゆっくりしすぎず、低音の動きやクラリネットとのアンサンブルを楽しみましょう。

 
thum211

パート:

Percussion 1/ウインドチャイム

小節番号:

[61]〜[62]

映像中使用楽器

ウインドチャイム:ツリーワークス/TW-TRE630

カスタネットの種類と奏法

page top

4種類のカスタネットの奏法の違い、音色の違いをご紹介します。

 
thum212

パート:

Percussion 2/カスタネット

小節番号:

[10]〜[13], [46]〜[47]

映像中使用楽器

カスタネット:

①柄付きカスタネット:グローバー/GV-GWC3G

②フラメンコ・カスタネット

③テーブル・カスタネット:スタジオ49/SD-RCA2

④マシン・カスタネット:ダンマー/DM-16B

トライアングルの奏法:弱音

page top

弱音でも柔らかく響きのある音色を作るためには。ビーターは太めのものを選びます。打つ位置やビーターを当てる角度を工夫し、良い響きを引き出しましょう。

 
thum210

パート:

Percussion 2/トライアングル

小節番号:

───

映像中使用楽器

トライアングル:スタジオ49/SD-TI3

<ビーター>JPC/JC-TB5

【G】[92]〜[94]のグロッケンシュピール

page top

同じメロディを奏でるフルート、クラリネットにはスタッカートが書かれています。音板へのタッチや手首の加減を充分に活かし、木管との一体感を生み出しましょう。

 
thum206

パート:

Percussion 3/グロッケンシュピール

小節番号:

【G】[92]〜[94]

映像中使用楽器

グロッケンシュピール:フォールクリーク/FC-K100G

<グロッケンシュピール・マレット>マイク・バルター/MB-G4

[16]〜[17]のシロフォンの練習方法

page top

16分音符の早いパッセージ。連譜に対して、恐怖心が少なくなるような練習方法を考えましょう。付点を付けてみたり、左右それぞれ取り出してみたり、フレーズを出来るだけなめらかに演奏出来るようにしましょう。

 
thum207

パート:

Percussion 3/シロフォン

小節番号:

[16]〜[17]

映像中使用楽器

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-108R

タンブリンの楽器比較

page top

 
thum209

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

弱奏部分:【G】[98]〜[101], 強奏部分:【B】[33]〜[34]など

使用楽器

①グローバー/GV-T1GS

②グローバー/GV-T2HS

③グローバー/GV-T2HTS

トライアングルの楽器比較

page top

 
thum210-2

パート:

Percussion 2/トライアングル

小節番号:

 ───

使用楽器

①スタジオ49/SD-TI3

②スタジオ49/SD-Ti2

③グローバー/GV-TRBPH6

④グローバー/GV-TR6

<使用ビーター>
JPC/JC-TB5

グロッケンシュピール・マレット比較

page top

 
thum205

パート:

Percussion 3/グロッケンシュピール

小節番号:

 冒頭

使用楽器

①マイク・バルター/MB-GP1

②マイク・バルター/MB-G4

③マイク・バルター/MB-G6

<使用楽器>
グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G