トップ

>

吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲3

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

ある英雄の記憶

レッスン内容執筆・コマキ通商スペシャルチーム:冨田篤/小川裕雅/山口大輔/大場章裕

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

【A】[8]〜[12]のアンサンブル

page top

冒頭の華やかなファンファーレから一転、重厚な行進が始まりますが、ティンパニは粒立ちのよいマレットを、小太鼓のチューニングも高くなり過ぎず、落ち着いた音色を作りたいところです。装飾音符の奏法にも着目してみましょう。トムトムはソリスティックな演奏を心がけてください。

 
thum301

パート:

Timpani, 小太鼓, トムトム

小節番号:

[8]〜[12]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK12

小太鼓:ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

トムトム:ソナー/セレクト・フォース・シリーズ

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

【D】頭〜[27]のアンサンブル

page top

タンブリン&スネアとのアンサンブルは、同じリズムの管楽器とのスピード感を意識しましょう。2拍のリズムを1つの単語として考えましょう。

トムトムは高音木管が上へ駆け上がるのに対し、下へ一気に響きを強めてゆきます。潜在的なクレッシェンドをティンパニと共に意識してゆきましょう。

 
thum302

パート:

Timpani, 小太鼓, タンブリン, トムトム

小節番号:

【D】頭〜[27]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK12

小太鼓:ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

タンブリン:グローバー/GV-T2GS

トムトム:ソナー/セレクト・フォース・シリーズ

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

小太鼓のショートロールについて

page top

fumen1

上図の赤枠に囲まれた部分のような「ロールからタイで繋がれた音符」は、「突かない」よう気をつけましょう。

 
thum309

パート:

Percussion 2:小太鼓

小節番号:

【B】頭〜[26], [98]〜[100]

映像中使用楽器

小太鼓:ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

【G】〜[49]頭のアンサンブル

page top

グロッケンは全体の三連符の波に乗りつつ、流されることなくしっかりと16分音符のフレーズを演奏しましょう。

小太鼓もタンバリンとリズムの螺旋を築いてゆきましょう。

 
thum303

パート:

Percussion 4/グロッケンシュピール

Percussion 2/小太鼓

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

【G】頭〜[49]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK22

タンブリン:グローバー/GV-T2GS

小太鼓:ソナー/SQ2シリーズ:SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

トムトム:ソナー/セレクト・フォース・シリーズ

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<グロッケン・マレット>マイクバルター/MB-93R

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCML

【H】〜【 I 】頭のアンサンブル

page top

管楽器もリズミックに演奏するシーン。それぞれの楽器の特性を活かし、パーカッション全体でリズムの核を担いましょう。

 
thum304

パート:

Timpani

Percussion 1/タンブリン

Percussion 2/小太鼓

Percussion 3/トムトム

小節番号:

【H】〜【I】頭

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK22

タンブリン:グローバー/GV-T2GS

小太鼓:ソナー/SQ2シリーズ:SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

トムトム:ソナー/セレクト・フォース・シリーズ

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

【J】のグロッケンシュピール

page top

木管楽器のメロディを歌う場面。ここからはリズムを中心にするのではなく、木管楽器の歌い方にグロッケンの輝かしい音色を乗せましょう。

 
thum307-1

パート:

Percussion 4/グロッケンシュピール

小節番号:

【J】[69]〜[73]

映像中使用楽器

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<グロッケン・マレット>マイクバルター/(下記比較映像参照)

【J】のタンブリンのスラー

page top

クラリネットがスラーをスラーを奏でるニュアンスをしっかり感じて表現しましょう。スタッカートはあまり意識せず、四分音符と八分音符が同じ音にならないように注意しましょう。

 
thum308

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

【J】[66]〜[73]

映像中使用楽器

タンブリン:グローバー/GV-T2GS

【Q】〜【R】頭のアンサンブル

page top

それぞれの楽器がどの管楽器群とリンクしているかをしっかり認識し、スピードとウエィトを伴った音色を作りましょう。高音群と低音群に橋を架けるトムトムの役割はたいへん重要です。

 
thum305

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

[138]〜[143]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK22

タンブリン:グローバー/GV-T2GS

小太鼓:ソナー/SQ2シリーズ:SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

トムトム:ソナー/セレクト・フォース・シリーズ

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<グロッケン・マレット>マイクバルター/MB-93R

【R】[137]のグロッケンシュピール

page top

グロッケンは音ミスをしないように無理のない手順を考え、しっかりと決めましょう。

 
thum306-1

パート:

Percussion 4/グロッケンシュピール

小節番号:

【R】[137]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK22

タンブリン:グローバー/GV-T2GS

小太鼓:ソナー/SQ2シリーズ:SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

トムトム:ソナー/セレクト・フォース・シリーズ

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<グロッケン・マレット>マイクバルター/MB-93R

【R】最後の2小節のトムトム

page top

トムトムは高音群からtuttiに、メロディからリズムに変容してゆくよう心がけましょう。

 
thum306-2

パート:

Percussion 2/トムトム

小節番号:

【R】[137]〜[138]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK22

タンブリン:グローバー/GV-T2GS

小太鼓:ソナー/SQ2シリーズ:SQ-1406SD-EHI

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

トムトム:ソナー/セレクト・フォース・シリーズ

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G

<グロッケン・マレット>マイクバルター/MB-93R

冒頭の合せシンバルの音色(楽器比較)

page top

 
thum314

パート:

Percussion 2/合せシンバル

小節番号:

冒頭

使用楽器

①小出シンバル/インテンソ・シリーズ 808-in18CCML

②小出シンバル/インテンソ・シリーズ 11S-in18CCM

③小出シンバル/インテンソ・シリーズ 11S-in20CCM

サスペンド・シンバルの楽器比較

page top

 
thum311

パート:

Percussion 1&4/サスペンド・シンバル

小節番号:

───

使用楽器

①小出シンバル/808-S17CSM

②小出シンバル/808-S18CSM

③ターキッシュ/TU-CL18CMT

<使用マレット>
アンコール・マレット/EM-TM2

タンブリンの楽器比較

page top

 
thum312

パート:

Percussion 1/タンブリン

小節番号:

【J】

使用楽器

①グローバー/GV-T2GS

②グローバー/GV-T1BC

③JPC/JC-10WB

フィンガー・シンバルの楽器比較

page top

 
thum313

パート:

Percussion 3/グロッケンシュピール

小節番号:

───

使用楽器

①ターキッシュ/TU-FC/2

②ツリーワークス/TW-TREFC02

③サウンドキング/AP-CRT

④サウンドキング/AP-CRT75

グロッケンシュピール・マレットの比較

page top

 
thum307

パート:

Percussion 4/グロッケンシュピール

小節番号:

───

使用楽器

①マイク・バルター/MB-91R

②マイク・バルター/MB-GL2

③マイク・バルター/MB-GP2

<使用楽器>
グロッケンシュピール:フォール・クリーク/FC-K100G