トップ

>

吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲4

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

マーチ「クローバー グラウンド」

レッスン内容執筆・コマキ通商スペシャルチーム:冨田篤/小川裕雅/山口大輔/大場章裕

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

冒頭のアンサンブル

page top

ヒロイックなオープニングはどうしても打楽器セクションが力んで演奏しがちです。大太鼓・シンバルはアクセントが痛くならないよう、自分の音に耳を傾けましょう。特に大太鼓はバンドの支えとなります。周りの音を聴き、流れを感じ取りましょう。

 
thum401

パート:

Timpani, 小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

[1]〜[6]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK24

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/>KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

冒頭の小太鼓

page top

小太鼓は小節ごとにリズムが変化し、関わる楽器も少しずつ変化してゆきます。ロールで手順が狂わないよう、しっかり決めて演奏してください。

 
thum401-2

パート:

Timpani, 小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

[1]〜[6]

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK24

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

ティンパニのマフリング技術

page top

音程を奏でるティンパニにはマフリングの技術はとても重要です。課題曲Ⅳに出てくる主要なマフリング技術を紹介します。

①冒頭[2]〜[3]  ②【B】[22]  ③【J】[92]〜【K】[93]

 
thum410

パート:

Timpani

小節番号:

上記の通り

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK23

ティンパニの装飾音符

page top

重要な場面で登場するティンパニの装飾音符。本音符へ向かって行くようなイメージで演奏しましょう。

①【A】[24]  ②【D】[29]

 
thum411

パート:

Timpani

小節番号:

上記の通り

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK23

【I】[81]〜【J】頭のロール

page top

リタルダンドでタメを利かせたfpからのロールは、ティンパニの聴かせどころです。ドラマチックに演出しましょう。

 
thum412

パート:

Timpani

小節番号:

上記の通り

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK23

【A】[14]のグロッケンシュピール

page top

グロッケンは3音ごとにグルーピングされたフレーズをリズミックに、かつ滑らかに演奏しなければなりません。まずは右スタートの順手で3つの節を分けて練習し、その後、節を越えた滑らかな1つの流れへと導きましょう。

 
thum406

パート:

Percussion 4/グロッケンシュピール

小節番号:

【A】[14]

映像中使用楽器

グロッケンシュピール:フォールクリーク/FC-K100G

<グロッケンシュピール・マレット>マイクバルター/MB-GP2

【C】の小太鼓とシロフォン

page top

小太鼓とシロフォンは出来るかぎりタイトなリズムをつむぎたいところです。

 
thum402-1

パート:

小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

[1]〜[6]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

【C】の大太鼓とシンバル

page top

大太鼓とシンバルは2人で一つのシンコペーションを築いてゆきます。

 
thum402-2

パート:

小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

[1]〜[6]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

【D】[29]〜[30]の小太鼓

page top

16分音符とロールの組み合わせのフレーズ。手順とロールの「打ち数」を決めて演奏すると良いでしょう。九つ打ちで!

 
thum407

パート:

Percussion 1/小太鼓

小節番号:

【D】[29]〜[30]

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

【G】のトライアングル

page top

滑らかなメロディに華を添えるように、丁寧で美しい音色を作りましょう。

 
thum409-1

パート:

Percussion 1/トライアングル

小節番号:

【G】

映像中使用楽器

トライアングル:

①アラン・エーベル/AA-L

②グローバー/GV-TRBPH6

③スタジオ49/SD-TI3

<ビーター>JPC/JC-TB5

【H】の小太鼓の弱奏

page top

小太鼓のpで奏でるフレーズ。ヘッドのどこを叩くべきか、研究しましょう。

映像ではエッジ寄りを叩く場合と、少し中心寄りを叩く場合を比較します。

 
thum110

パート:

Percussion 1/小太鼓

小節番号:

【H】

映像中使用楽器

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

【I】のアンサンブル

page top

ファンファーレから大団円へ。ダイナミクス記号だけでは表せない音色を、それぞれの役割を持って示しましょう。

 
thum403

パート:

Timpani, 小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

【I】

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK24

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

【J】のアンサンブル:小太鼓とグロッケンシュピール

page top

小太鼓はトランペットと一緒に歩を進めますが、決してリズムが平らになり過ぎないように注意しましょう。3連符の頭を少し意識してみてもいいですね。

グロッケンは、このややくすんだ調の中でもキラリと光る楽器です。木管群を率いるような音色とフレーズ感を出しましょう。

 
thum404

パート:

Timpani, 小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

【J】

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK24

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

【L】ラストの場面の小太鼓と大太鼓

page top

小太鼓はバンドを引っ張るようなキャラクターでリズムをつむぎましょう。

大太鼓は低音楽器のアーティキュレーションに「寄せる」工夫をしましょう。手首の使い方やミュートが効果的です。

 
thum405-1

パート:

Timpani, 小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

【I】

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/ンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK24

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

【L】のシロフォン

page top

シロフォンは逆にあまりリズミックになり過ぎず、軽やかな音色で演奏してゆきましょう。

 
thum405-2

パート:

Timpani, 小太鼓, 大太鼓, 合せシンバル, シロフォン

小節番号:

【I】

映像中使用楽器

ティンパニ:マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

<ティンパニ・マレット>K.M.K/KK-TMK24

小太鼓:マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>ベーター/シュガーメイプルPICCOLO

大太鼓:レフィーマ/LF-BD132S

<バスドラム・マレット>K.M.K/KK-BMDY02

合せシンバル:小出シンバル/808-in18CCM

シロフォン:K.M.K/KK-CX350DX

<シロフォン・マレット>マイク・バルター/MB-8AR

マーチでの打楽器のコンビネーション比較

page top

使用楽器

①重め-1

②重め-2

③軽め-1

④軽め-2

小太鼓

ソナー/
SQ-1406SD-EHI

ビーチ材の14"×6"にコイルの響き線。

マジェスティック/
MJ-MPS1465WA

薄めのウォールナット材胴に、ストレートケーブルの響き線。

マジェスティック/
MJ-MPS1450MB

厚めのメイプル材胴に、ストレートケーブルの響き線。

マジェスティック/
MJ-MPS1450AL

アルミキャスト胴14"×5"にストレートケーブルの響き線。

合せシンバル

小出シンバル/
11S-in18CCMH

厚く圧倒的音圧。倍音多く、華やかな鳴り。B20ブロンズのスタンダードなサウンドです。

小出シンバル/
808-in18CCMH

厚く圧倒的音圧。まとまった鳴りでシンプルに華やか。

小出シンバル/
808-S18CCM

小出シンバルオリジナルのB23センシティブ合金のベストセラー。爽やか、かつこの上ない鳴らしやすさ。

小出シンバル/
808-S17CCML

センシティブ合金の17インチ。1インチだけ小さいだけで驚きの扱いやすさ。

大太鼓

レフィーマ/LF-BD36S

大編成にもしっかりと鳴らす十分な低音と響きの深さ。

レフィーマ/LF-BD132S

小振りながら本皮ならではの余裕の低音。コンパクトさがマーチの軽快さに最適。

マレット:
K.M.K/KK-BMDY03

マレット:
K.M.K/KK-BMDY03

マレット:
K.M.K/KK-BMDY03

マレット:
K.M.K/KK-BMDY02

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・シリーズ

マレット:K.M.K/KK-TMK23

マレット:K.M.K/KK-TMK22

トライアングルの楽器比較

page top

 
thum409-2

パート:

Percussion 1/トライアングル

小節番号:

 ────

使用楽器

①アラン・エーベル/AA-L

②グローバー/GV-TRBPH6

③スタジオ49/SD-TI3