トップ

>

2019年度吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲4

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

行進曲「道標の先に」

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

mayumi hosoe

ワンポイント・レッスン by:

細江真弓

打楽器奏者、元関西フィルハーモニー管弦楽団, マジェスティック・アーティスト

楽曲について

 躍動感溢れる親しみやすい旋律のマーチです。4分の4拍子で書かれたマーチとは違い、8分の6拍子は8部音符3つを一括りにして、大きな2拍子で拍を感じることが大切です。打楽器はシンプルな構成になっていますが、アンサンブルが緻密に書かれているところもありそれぞれに難しさがあると思います。木管楽器や金管楽器とのアンサンブルや場面に応じてのリズム感、音色の変化を工夫してみましょう。
 スネアドラムの8分音符のリズム、ティンパニ、バスドラムの拍子感、それに色をつけるシンバル、メロディーを担当するグロッケン、それぞれのアンサンブルが音楽の流れや曲の印象を大きく動かすことができます。場面ごとに音符の長さやバランスに気をつけて演奏しましょう。

page top

Timpani

 ティンパニは音程と響きがある分、音の長さや止めるタイミング、マレットのスピードを変えることで変化が出てきます。
 冒頭、Gのトレモロの後にくるCの8分音符はタイミングがずれないようにしっかりと全体に合わせましょう。 このような音形が頻出しますが、バスドラムやスネアドラムとテンポ感を揃え、トレモロのスピードやクレッシェンドのタイミングなど、その瞬間に合うバランスを心がけてみましょう。
 【B】や【E】に出てくる装飾音符のつく音形は4分音符が拍の頭にくるようにタイミングを合わせましょう。

thum101

映像内容:ティンパニ

・【冒頭】〜[9]頭までの合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK13

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-G5

page top

Percussion 1

:スネアドラム

8分の6拍子のマーチなので、重くならないように軽快なリズム感で演奏することを心がけましょう。リズムセクションと動いてることがほとんどですが、メロディーと一緒になっている箇所もありますので、音のキャラクターを変えてみると場面ごとに変化が出てきます。
"rim" の音色にもこだわりたいですね。

thum101

映像内容:スネアドラム

・【冒頭】〜[9]頭までの合奏

thum101

映像内容:スネアドラム

・【A】[9]〜[26]の合奏

thum101

映像内容:スネアドラム

・【C】[43]〜[58]の合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK13

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-G5

page top

Percussion 2

:バスドラム

 マーチのバスドラムはバンドの中でもとても重要なポジションです。この曲は8分の6拍子(大きな2拍子)で構成されいるので、8分音符の流れを意識しながら演奏してください。
 また、バスドラムはチューニングでとても印象が変わってきます。発音と響きのバランスが良くなるポイントを探してチューニングにも工夫をしてみてください。
 シンバルとの呼吸感を合わせながら、低音楽器とのベースラインにも耳を傾けましょう。

thum101

映像内容:バスドラム

・【A】[9]〜[26]の合奏

・【C】[43]〜[58]の合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK13

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-G5

page top

Percussion 3

:クラッシュ・シンバル

 発音の仕方や音符の長さを意識することによって、バンド全体を引き締めたり、バンドの色を決めることができる楽器です。バスドラムとのバランスを意識しながら、リズムを刻んでいる場所と長い音符とでキャラクターを変えてみましょう。音量に関わらず楽器をしっかりと鳴らしてあげることも大切なポイントです。

thum101

映像内容:クラッシュ・シンバル

・【冒頭】〜[9]頭までの合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK13

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-G5

 
thum101

映像内容:クラッシュ・シンバルを弱音でもしっかり鳴らす。

【C】[52]〜[58]

映像中使用楽器

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

page top

Percussion 4

:グロッケンシュピール

 グロッケンはメロディーを担当しているので、殆どが他のパートと重なっています。スコアをよく読みながら、自分が今どの楽器とメロディーを一緒に弾いているのかをしっかりと把握しましょう。
 木管楽器とユニゾンのトリルはバランスをよくとりながら、早すぎたり強すぎたりしないように気をつけましょう。管楽器のフレージングやブレスに着目しながら演奏することで、自然な音楽の流れが生まれてきます。

thum101

映像内容:グロッケンシュピール

・【冒頭】〜[9]頭までの合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK13

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-G5

page top

グロッケン・マレット聴き比べ

 

①マイク・バルター/MB-GP2

②マイク・バルター/MB-G5

③マイク・バルター/MB-G6

パート:Percussion 4

thum101