トップ

>

2019年度吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲5

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

ビスマス・サイケデリアⅠ

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

tomoko_abe

ワンポイント・レッスン by:

阿部智子

打楽器奏者・たいこ食堂メンバー

楽曲について

 まず、タイトルのビスマスとは何でしょう。元素記号Bi、原子番号83、原子量208.98038。周期表15族、窒素族元素の1つ。...難しい言葉が並んでいますが、インターネットで “ビスマス”と検索してみてください。虹色に輝く結晶を見ることができます。

 変拍子に複雑な連符、楽器の持ち替えのたくさんある楽譜を読み、緻密なアンサンブルを目指すのはたいへんな作業ですが、丁寧に取り組めば、化学変化が起こり、バンド全体が虹色に輝く...。作曲家が『ビスマスの美しい結晶に魅了され作曲に至った』という事実を心のどこかに置いておくことは、みなさんの音作りの助けになると思います。また楽器のセッティングはとても重要です。少しでも演奏 しづらいと思ったら何かいい方法はないか考え、演奏しやすい環境を作ってください。パズルを解いていくように、楽しんで曲に向き合っていきましょう。リズムの輪郭になって全体をリードする、また曲を色鮮やかにできる打楽器は、とてもやりがいがありますよ!

page top

Timpani

:ティンパニ, サスペンド・シンバル

ティンパニ:【B】[14]のティンパニは粒が聴こえるバチを選びましょう。【B】[20]は場面転換ですので堂々と、【C】からの管楽器の邪魔をしないようにしっかり音を止めてください。【C】[35]は、このリズムは時計の針のように淡々と刻まれます。しかし『ある時刻がくると恐ろしい事が待っている。』そんな緊張感がありませんか?イメージする音質で低音パートと足並みを揃えてください。
 “dead stroke”は一般的にヴィブラフォンやマリンバをマレットで叩くと同時に押さえつけ、響きを止める奏法です。 マレットの材質や重さ、また叩く位置を色々と試し、どのような音質が場面に合うのか考えてみましょう。
 【O】[123]〜硬めのマレットですぐに止める、もしくは適度にミュートをするなど marcatissimo な音を出すには工夫が必要です。スネアドラム、ハイハットとのリズムのかみ合わせは互いの音を聴くというより、同じ速度を感じることで、必ず良いアンサンブルができます。二人三脚する時に隣の人の足を見ていたら上手く走れませんよね。二人ともしっかりと前を見て『イチ・ニ!イチ・ニ!』

thum101

映像内容:ティンパニの“dead stroke”

・【C】[35]〜[36](ティンパニのみで)

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK03

thum101

映像内容:ティンパニの“marcatissimo”のサウンド

・【O】[123]〜[128]の合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

ハイハット

小出シンバル:Fezrシリーズ/FZ-14HM & FZ-14HH

<スティック>ベーター/SESSION

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY04

 

サスペンド・シンバル:アンヴィルと音色に差が出るように、 シンバルのサイズ、叩く位置、ビーターを色々試してみましょう。【A】[8],【C】[23] は、ハイハットのリズムの流れを上手に引き継ぎましょう。

thum101

映像内容:サスペンド・シンバルの“メタル・ビーター”での演奏

・【C】[22]〜[28]の合奏

映像中使用楽器

サスペンド・シンバル

小出シンバル/10J-in18CSM

<メタル・ビーター>K.M.K/KK-TB5

スネアドラム

ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

ハイハット

小出シンバル:Fezrシリーズ/FZ-14HM & FZ-14HH

<スティック>ベーター/SESSION

カウベル

ソナー/SN-CB4 & SN-CCB5 & SN-CCB55

<スティック>ベーター/SESSION

ウィップ

スタジオ49/SD-RP2

アンヴィル

グローバー/GV-PMAA

<ビーター>グローバー/GV-PMAH1

page top

Percussion 1

:スネアドラム, フレクサトーン, ボンゴ&コンガ, ヴィブラスラップ

スネアドラム:【A】[3]~[9]、バンド全体の音量は最大ffですが、スネアドラムはmfです。主張しすぎず、しかしスネアドラムが入ると質が変化する、そんな存在感が必要です。
 rim shot は自分の理想の音色を見つけて、音の質を揃えて いきましょう。アクセントと、山型アクセントの差も明確にしてください。リムショットはどんな演奏方法でもスティックをとても消耗しますので、『お気に入りのスティックが本番前に折れた〜(泣)。』なんてことにならないように気をつけましょうね。

thum101

映像内容:スネアドラムの“rim shot”の演奏

・【O】[123]〜[128]の合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・GRシリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

ハイハット

小出シンバル:Fezrシリーズ/FZ-14HM & FZ-14HH

<スティック>ベーター/SESSION

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY04

 

フレクサトーン:自分のイメージするニュアンスがいつでも出せるように、楽器に慣れましょう。

thum101

映像内容:フレクサトーンのデモ演奏

映像中使用楽器

フレクサトーン

サウンドキング/BG-FL320

ボンゴ&コンガ:【C】は【A】に比べてバンド全体は少し薄くなっていて、打楽器は種類が増えています。それぞれが主張するとカラフルになって面白いと思います。ボンゴは金属打楽器に比べると音が抜けにくいかもしれませんので、スピード感のある音で楽器を鳴らしましょう。【C】[36] からのリズムはバンドをリードする重要な役割です。譜面にはなんのアーティキュレーションも書かれていませんが、2拍ごとにフレーズを作ると自然に強弱がつくと思います。あくまでも自然に!がポイントです。

page top

Percussion 2

:ウィップ, ハイハット, カウベル, フット・バスドラム, タンバリン, バスドラム

ハイハット:【C】[22] からは、【B】[11] から木管楽器に出てくる音型を引き継ぎましょう。足(もしくはフット・バスドラム)で4分音符を踏んで、手で5連符を叩くといった練習で自然に2拍5連を感じられるようになりましょう。
【O】[124] は 開き具合やネジの締め具合などでも音色は変わるので、楽器の調整にも時間をかけましょう。シンバル にあたるスティックの角度もとても重要です。
カウベル:【C】[35] ヴィブラフォンやグロッケンとのバランスをよく聴いて、楽器・バチを選びましょう。
ハイハット&フット・バスドラムは座って演奏しても良いと思います。

thum101

映像内容:ハイハット→カウベル→ウィップの演奏

・【C】[22]〜[28]

映像中使用楽器

サスペンド・シンバル

小出シンバル/10J-in18CSM

<メタル・ビーター>K.M.K/KK-TB5

スネアドラム

ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

ハイハット

小出シンバル:Fezrシリーズ/FZ-14HM & FZ-14HH

<スティック>ベーター/SESSION

カウベル

ソナー/SN-CB4 & SN-CCB5 & SN-CCB55

<スティック>ベーター/SESSION

ウィップ

スタジオ49/SD-RP2

アンヴィル

グローバー/GV-PMAA

<ビーター>グローバー/GV-PMAH1

 

ウィップ:【F】[55]~[60]にかけて、リズムの間隔が狭まり、木管楽器の音域は上がっていきます。迫ってくるような、何かがどんどん膨らむような場面です。広げる幅、スピードに注意して音色をコントロールしましょう。

thum101

映像内容:ウィップのデモ演奏

映像中使用楽器

ウィップ

スタジオ49/SD-RP2

 

タンバリン:自分の演奏しやすい指で、金管楽器とのニュアンスを揃えましょう。

thum101

映像内容:タンバリンのデモ演奏

・【F】[50]〜[51]

映像中使用楽器

タンバリン

グローバー/GV-T2HS

page top

Percussion 3

:タムタム(銅鑼), ラチェット, アンヴィル, チューブラー・ベル, ヴィブラフォン, バスドラム

タムタム(銅鑼):冒頭、音の響きをよく聴いてクレッシェドしましょう。
【O】[121] は腕の重さ、全身を使ってしっかりと楽器を鳴らすことが大切ですが、クレッシェンドの頂点が乗り遅れないように。

thum101

映像内容:タムタムのクレッシェンド

・タムタム単体

映像中使用楽器

タムタム

K.M.K/KG-36

<マレット>K.M.K/KGM-1

 

アンヴィル:楽器の叩く位置、バチ選びの工夫がとても重要です。他の金属打楽器との違いが出るように研究しましょう。
チューブラーベル : 場面転換の重要な音です。目の前の楽器を鳴らすというより、街中に響き渡る大きな鐘を鳴らして いるくらいのスケールで臨んで欲しいところです。
バスドラム :【F】[60]〜めまぐるしくバンド全体が動いている中、突如として現れる一音。この一音で目の前が煙に覆われて見えなくなる、私はそんな場面を想像しました。【H】[75]、【I】[81] の木管楽器の上昇音型は煙の立つ様子、もしくは物質が化学変化を起こすような映像が目に浮かびます。そのきっかけとなる一音、研究しがいがありますね。

thum101

映像内容:アンヴィル

映像中使用楽器

サスペンド・シンバル

小出シンバル/10J-in18CSM

<メタル・ビーター>K.M.K/KK-TB5

スネアドラム

ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

ハイハット

小出シンバル:Fezrシリーズ/FZ-14HM & FZ-14HH

<スティック>ベーター/SESSION

カウベル

ソナー/SN-CB4 & SN-CCB5 & SN-CCB55

<スティック>ベーター/SESSION

ウィップ

スタジオ49/SD-RP2

アンヴィル

グローバー/GV-PMAB

<ビーター>グローバー/GV-PMAH1

thum101

映像内容:ラチェット

映像中使用楽器

ラチェット

サウンドキング/KU-RAT

page top

Percussion 4

:マリンバ, シロフォン, グロッケンシュピール

マリンバ【A】[6]〜何かが渦を巻いているような動きですね。直前の流れをよく感じて上手く音の波に乗りましょう。 水族館などでイワシの群れを見たことがありますか?同じ速度でぐるぐると渦を巻く。この響きだと、近くに敵がいるのでしょうか・・・逃げるイワシの大群!・・・タイトルからイメージが離れすぎましたね。さて、管楽器にはスラーが付いていますので、同じニュアンスで演奏すると良いでしょう。 グロッケンとマリンバが一緒に弾くところを、少し離れた 場所から誰かに聴いてもらい、音量の調整、マレット選びをし、バランスをとりましょう。

thum101

映像内容:マリンバとグロッケンシュピールで合奏

・【A】[5]〜[10]

映像中使用楽器

マリンバ

K.M.K/KK-M4300

<マレット>マイク・バルター/MB-22R

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>①マイク・バルター/MB-GL2

 

シロフォン:【D】[39] は、4本バチに慣れていれば右手に2本、2本に自信があれば2本。自分が発音をコントロールしやすい方法でボンゴと上手くアンサンブルしましょう。
【F】[61] はどんな音をイメージしますか?水の雫が落ちる音?遠くで輝く光?自分がイメージする音を響かせましょう。音量は pでも存在感は必要です。

thum101

映像内容:シロフォン単体

・【D】[39]〜[41]「2本マレット」と「3本マレット」の2パターン収録

映像中使用楽器

シロフォン

K.M.K/KK-CX350DX

<マレット>アンコール・マレット/EM-200R

page top

Percussion 5

:グロッケンシュピール, トライアングル, スライドホイッスル, タンバリン, ウインドチャイム

グロッケンシュピール:【A】[5]〜dim.は腕の重さをぬいていく感覚で演奏してみてください。
【B】[11] ここは機械になったつもりで、同じ音色で淡々と。マレットの材質や、押さえつける角度を研究し、理想の音を探しましょう。連符を演奏するときに好きな7文字の言葉を当てはめて練習するのも手です。カタクチイワシ カタクチイワシ...。(ビスマスサイケ ビスマスサイケ...。)

thum101

映像内容:マリンバとグロッケンシュピールで合奏

・【A】[5]〜[10]

映像中使用楽器

マリンバ

K.M.K/KK-M4300

<マレット>マイク・バルター/MB-22R

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>①マイク・バルター/MB-GL2

 

トライアングル:トレモロの速さや叩く位置を研究して、イメージしてから音を出すと効果的なアクセントになります。

thum101

映像内容:トライアングル単体

・【H】[73]→【I】[84]〜[86]

映像中使用楽器

トライアングル

アラン・エーベル/AA-L

<ビーター>K.M.K/KK-TB5

 

スライド・ホイッスル:バンドの中で明らかに異色の存在ですね。息の量、スピードに注意してイメージ通りに吹けるよう、練習しましょう。真剣に聴いているお客様を、“えっ...? ”と振り向かせるようなユニークさを持って演奏してください。

thum101

映像内容:スライド・ホイッスル単体

映像中使用楽器

スライドホイッスル

サウンドキング/MG-SWPS

 

ウインド・チャイム:幻想的な雰囲気を出せると良いですね。>

thum101

映像内容:ウインド・チャイム単体

映像中使用楽器

ウインドチャイム(ツリーチャイム)

ツリーワークス/TW-TRE630

page top

ヴィブラスラップ聴き比べ

 

①サウンドキング/BG-VFW214A

②サウンドキング/BG-VFM214B

パート:Percussion 1

thum101

page top

タンバリン聴き比べ

 

①グローバー/GV-T2GS

②グローバー/GV-T2HS

③グローバー/GV-T2HTS

パート:Percussion 1 & 5

-->thum101

page top

ハイハット聴き比べ

 

①ターキッシュ/TU-CL14HTL & TU-CL14HBM

②ターキッシュ/TU-CL13HTL & TU-CL13HBM

③小出シンバル/808-14HM & 808-14HH

④小出シンバル/FZ-14HM & FZ-14HH

パート:Percussion 2

-->thum101

page top

アンヴィル聴き比べ

 

①グローバー/GV-PMAB

②グローバー/GV-PMAA

パート:Percussion 3

-->thum101

page top

シロフォン・マレット聴き比べ

 

①アンコール・マレット/EM-200R

②アンコール・マレット/EM-92R

③マイク・バルター/MB-108R

パート:Percussion 4

-->thum101

page top

トライアングル聴き比べ

 

①アラン・エーベル/AA-L

②スタジオ49/SD-Ti3

③グローバー/GV-TRBPH7

パート:Percussion 5

-->thum101

page top

スライド・ホイッスル聴き比べ

 

①サウンドキング/MG-SWPL

②サウンドキング/MG-SWPS

③アクメ/AC-472

パート:Percussion 5

-->thum101