top-banner

トップ

>

2022年度吹奏楽コンクール特設サイト

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

レッスン執筆の打楽器奏者の皆さん

Tomita

冨田 篤(とみたあつし)

東京音楽大学卒業。野口力、菅原淳、岡田眞理子、藤本隆文の各氏に師事。現在、ブリヂストン吹奏楽団久留米音楽監督・常任指揮者、活水女子大学講師。九州を拠点に活躍する打楽器奏者。第28回全日本アンサンブルコンテスト「大学の部」で、熊本県立盲学校アンサンブル部を全国大会金賞に導いた。そのエピソードは冨田の著書『息を聴け/熊本盲学校アンサンブルの挑戦(新潮社)』で読むことができる。ソナー・SQ2クラシカル・アーティスト

Ogawa

小川裕雅(おがわひろのり)

打楽器奏者。東京藝術大学卒業。 エリザベト音楽大学准教授。様々なジャンルでの演奏活動に加え、講習会講師・コンクール審査員なども務める。04年3月にソロパーカッションアルバム「Generous Tone」を発表し、好評を博している。ソナー・SQ2クラシカル・アーティスト

Yamaguchi

山口大輔(やまぐちだいすけ)

打楽器奏者。東京音楽大学打楽器科卒業、同大学大学院科目等履修生修了。打楽器を菅原淳、久保昌一、藤本隆文、岡田眞理子、田代佳代子の各氏に師事。これまでに東京佼成ウインドオーケストラ国内海外ツアー、シエナウインドオーケストラ国内ツアー、北九州国際音楽祭、久留米音楽の祭典、長崎音楽祭に参加。全国のオーケストラ、ウインドオーケストラを中心に活動。パーカッシヴフォース、九州マリンバ合奏団メンバー。ソナー・SQ2クラシカル・アーティスト

Iguchi

井口雅子(いぐちまさこ)

大阪フィルハーモニー交響楽団打楽器奏者。京都府出身。京都市立芸術大学音楽学部卒業、サンフランシスコ音楽院修士課程修了。ナショナル・オーケストラ・インスティテュート2011(メリーランド州)に参加。2012年SFCMコンチェルトコンペティション管打楽器部門優勝、同音楽院オーケストラと共演。
マジェスティック・パーカッションアーティスト。各地でのコンクール審査員、吹奏楽指導も等も努める。打楽器を村田聖子、山本毅、種谷睦子、J.V.ギーム、D.ハーバート、J.L.ワイアットⅢの各氏に師事。

Seki

関聡(せきさとし)

洗足学園音楽大学大学院を首席で修了。修了時に全首席奏者最高位の成績を修めグランプリを受賞。第26回打楽器新人演奏会にてグランプリ(岩城賞)受賞。第6回ルーマニア国際音楽コンクール第1位。第31回日本管打楽器コンクール パーカッション部門第2位。 [レインボウ21 サントリーホール デビューコンサート] [ラ・フォル・ジュルネ音楽祭] [東京・春・音楽祭] 等に出演する他、国内外の現代音楽作品の新作初演、レコーディングに多数参加。[題名のない音楽会] [THE MUSIC DAY] [SONGS OF TOKYO] などの音楽番組に出演。
現在、オーケストラ・吹奏楽団への客演、劇伴やアーティストのレコーディングに参加するなど、クラシックからポップス、スタジオワークまで幅広く活動を行っている。

吹奏楽コンクール関連新着情報

もっと見る >